キャラクター制作の仕事を目指す

なにごとも経験

スマホゲームのキャラクターを描いてみたい、デザイナーの仕事がしてみたいと考えている人は意外と多いのではないでしょうか。幸いなことに、ここ数年スマホゲームの人気は高まる一方で、制作現場では常に人手が足りない状態が続いています。ですから、そうした仕事に就きたいと考えているのであれば、いまが絶好のチャンスだと言うことができるでしょう。しかし、趣味と違って、そうした仕事に就くからには楽しいことばかりではないという覚悟もしておいた方がいいでしょう。主役級の依頼ばかりがくるとは限りませんし、苦手なタイプのキャラクターを描かなければならないこともあるでしょう。ですが、「いやだな」「苦手だな」という気持ちで描くと、それはそのままキャラクターに現れてしまうので、常に一定のクオリティで描くことができるよう努力をしなければなりません。

苦手なキャラクター制作に挑戦してみることは、必ず今後のあなたにとってプラスになるので、どんな仕事も率先して引き受けることが大切ですし、経験してみることをお勧めします。制作代行企業のほとんどは、フリーランスでの契約を認めているので、さまざまな企業で制作の経験を積むことがお勧めですし、そうすることは、「描く」という経験以外のものも学ばせてくれるはずです。ですから、まずは実績のある制作代行企業へと応募して、制作のシステムを一通り経験し、自分のペースをつかみましょう。自分がどれくらいのペースで描くことができるのか、どれくらいの数であれば納期を守って仕事をすることができるのかが分かったら複数の企業へ応募して、「描く」経験を積んでいくと良いでしょう。

なにごとも始めてみなければ経験を積むことはできませんから、こうした仕事をしてみたいと考えているのであれば、好機である「いま」始めるべきです。ためらわずに始めることができた人ほど経験を積むことができるのだということを、ぜひ覚えておいてください。