キャラクター制作の仕事を目指す

生み出す喜び

近頃は、さまざまな場所で「イメージキャラクター」が使用されるようになってきました。以前は、企業が使用するのは社章をモチーフとしたロゴがメインでしたが、いまはひと目見ただけでなんという企業なのかが分かるような、イメージキャラクターを使うところが増えています。市町村などがそうしたイメージキャラクターを作る場合、そのほとんどは公募によって決められるようですが、企業の場合は制作代行会社へと依頼することが多いようです。また、一定期間行われるイベントのイメージキャラクターなどの場合も、公募ではなく、制作代行会社へと依頼するケースが多いようです。それは、イベントや企業の方向性を明確に表したキャラクターである必要があるからだけでなく、多くの人に見られることを意識したキャラクターを制作して欲しいと、依頼する側が考えているからでもあるのでしょう。

キャラクターとは、人の目を意識して作ることが大切であり、それがイメージキャラクターであっても、ゲームのキャラクターであっても変わりません。ですから、キャラクター制作に携わりたいと考えている人は、こうしたところを意識してデザインすることが大切なのだということを覚えておいてください。特に、スマホゲームのキャラクターは、その「出来」によってダウンロード数が変わってくると言っても過言ではないので、そうした仕事に就きたいと考えている人は意識するべきでしょう。

また、スマホゲームは日々新しいものが配信されていることから、キャラクター制作の人手は常に足りない状態が続いています。ですから、プロになりたい、キャラクター制作に携わりたいと考えているのであれば、いまが好機だと言うことができますが、配信されているゲームが多いからこそ、既存のキャラクターとは異なるオリジナリティーが求められているのだということを理解した上で応募することをお勧めします。新しいものを生み出す喜びを常に感じながら制作できる、そうした人が望まれているのです。